タダの立ちくらみじゃあない…

貧血と戦うブログ

貧血の症状

貧血が進むと異食症になることも?

投稿日:

貧血が進むと、壁土を食べるようになることも…って聞いてびっくり。

えっ!?壁土って、あの壁の土?どういうことなんでしょうか。

味覚がおかしくなる

巨赤芽球性貧血になると、舌にある味を感じるつぶつぶ(味蕾)がつるつるになるそうです。

結果、ものを食べると舌にしみるようになります。

食べ物が飲み込みにくくなる

鉄欠乏性貧血になると、食堂の粘膜が萎縮します。

そうすると、食べ物が飲み込みにくくなります。

異嗜症(いししょう)

鉄欠乏性貧血の症状のひとつで、いろいろ変なものを食べるようになる、な症状があるそうです。

氷、かたいせんべい、ハッカ入りの菓子などをバリバリと食べるのだとか。

で、症状が進むと、壁土を食べることがあるそうです。

やばいよ!精神的な問題が起こってるの?

でも、そうではなく、鉄分の不足が原因なのだそうで、鉄剤を服用すると治るのだとか。

-貧血の症状

Copyright© 貧血と戦うブログ , 2018 AllRights Reserved.